清原容疑者「ピアスの代わりに入れ墨を」母は認知症、引受人なし 厳しい更生への道

[ 2016年2月15日 05:30 ]

巨人時代の清原容疑者と和田アキ子

 歌手の和田アキ子(65)が14日、TBS「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)で、覚せい剤所持容疑で逮捕された清原和博容疑者(48)について語った。

 西武時代から「キヨ」と呼び親交があったが、「最近、交流はまったくなかった」と話した。断絶のきっかけは2007年2月、清原容疑者が当時在籍したオリックスの沖縄・宮古島キャンプを訪問した時のことだった。一緒に食事した際、耳のピアスについて「おまえ怖いよ。その体躯(たいく)では威圧感がある。ユニホームとバットだけに目線が行くように」と外すように助言した。

 その場では忠告を聞き入れたが、翌朝、和田の宿泊先に直筆の手紙が届き「ピアスは外します。その代わりに入れ墨をさせて」と書かれていた。和田は「何考えてんねん」と電話で諭したが「決めたことですから」と返され、「その気やったらもう連絡してくるな」と伝えた。

 清原容疑者は右脚や背中に竜の入れ墨がある。「人生の悔しさを刻み込み、逆境に負けない証」としているが、本紙の取材では「周囲を威圧するための鎧(よろい)」だった。親しい知人は「憧れ続けた巨人を解雇された頃から、恥をかかされた憎しみのような感情が募って、裏返しで自らを武装していった」と話す。

 入れ墨に“ある一線”を越えるような感覚を持つ人は少なくない。事実、家族ぐるみの交際だった和田だけでなく、大半の人は清原容疑者から離れていった。孤立し、薬物に依存する負の連鎖の呼び水となった。

 今後の更生においても大きな問題だ。母親が認知症を患い父親も病を抱える中、公判での情状証人はもちろん、判決後に保護する引受人も周囲にはいない。威圧的ととられている部分を清原容疑者本人が気づき、取り除いていかないと、更生の道のりは険しいと言わざるを得ない。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2016年2月15日のニュース