ゆず北川 コービーのラストNBA球宴に感慨「ジーンと染みた」

[ 2016年2月15日 20:58 ]

NBAオールスターゲーム前にオルドリッジ(中央)を取材する北川悠仁(左)

 NBAのオールスターゲームが14日、カナダ・トロントで行われ、西軍が東軍を196―173で下した。今季限りでの引退を表明し、最後の球宴となったスーパースター、コービー・ブライアント(37=レイカーズ)は10得点、6リバウンド、7アシストで西軍の勝利に貢献。残り1分でベンチに下がる際には、大観衆から「コービー」コールが起こり、スタンディングオベーションで迎えられた。

 WOWOWで現地ゲスト解説を務めた人気デュオ「ゆず」の北川悠仁(39)も「NBAで残した功績は偉大で、ファンに愛されていた選手だとあらためて感じました」と感慨深げだった。以前から自分と同世代のブライアントを応援しており、最後の大舞台を楽しみにしていた。「最後どうプレーするか興味深かったんですが、これまでコービーが求めてきたものの真逆でしたね」。過去得点王2度の点取り屋が周囲を気遣ってパスばかりし、見る側には少々寂しさも残ったが、北川は「いつもギラついた顔をしていたのに、まるで穏やかでした。新たなステージに踏み出した感じでしたね。今回はコービーの引退が胸にジーンと染みるオールスターでした」と語った。

 ハーフタイムでは英国の大物アーティスト、スティングが「見つめていたい」などのヒット曲メドレーを披露して盛り上げた。「ポール・マッカトニーとともに音楽の神様に愛されている人だと思っている。そのスティングを生で見ることができてうれしかった。楽曲のチョイスも良くて、多様な音楽性は凄いなと思った」とミュージシャンとしても刺激を受けた様子だ。

 北川が今回の球宴の舞台裏を取材した「ゆず北川悠仁のNBAオールスター潜入取材!バスケットボール最高峰の祭典を直撃!!」は22日午後8時からWOWOWライブで放送される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2016年2月15日のニュース