キムタク 改めて騒動謝罪「心配かけてごめん」タイムリープは否定

[ 2016年1月29日 23:05 ]

SMAPの一連の騒動を伝えるスポーツニッポン

 SMAPの木村拓哉(43)が29日に放送されたTOKYO FM「木村拓哉のWhat’s up SMAP」(金曜後11・00)に出演。一連の騒動を振り返り「心配かけました、ホントごめんね」と謝罪した。

 「木村はタイムリープ能力があるのでは」というネット上の説についてリスナーから問われると「この話は僕も知り合いに聞きまして、今年になってからのSMAPにまつわる一連のことで僕は何度も問題を解決していると言われているとか」とうわさを把握していることを明かしながら、「正直に答えます。その能力ありま、せん」と話した。

 そうしたうわさが流れるほど分裂危機が世を騒がせたことを受け「みんなのことをお騒がせしまして、いろんな思いになった方、させてしまった方いると思うんですけど、What’sの乗組員にもファンの皆さんにも心配かけました、本当ごめんねという感じです」と改めて謝罪。「僕の気持ちは、あの場で言わせていただいた通り前に進むだけなので、その気持ちにぶれはありません」と「SMAP×SMAP」で話した言葉を繰り返した。

 木村は前々回放送の15日にグループの分裂危機騒動についてメンバーとして初めて言及。「皆さんのことを何かとお騒がせしていますが、ちゃんといつか自分の言葉で話せる時が来たらこのWhat’sでお話させていただきたいと思います」と話し、18日にはフジテレビ「SMAP×SMAP」(月曜後10・00)メンバー5人そろって“生謝罪”した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年1月29日のニュース