鈴木亮平「今回は一番本気」舞台で芸術的肉体を持つ王の役

[ 2016年1月29日 06:42 ]

舞台「ライ王のテラス」製作発表に出席した鈴木亮平(右)。左は演出の宮本亜門氏

 俳優の鈴木亮平(32)が28日、都内で行われた主演舞台「ライ王のテラス」(3月4~17日、東京・赤坂ACTシアター)の製作発表に出席した。

 12世紀のカンボジアに実在した芸術的肉体を持つ王の人生を描く。鈴木は体重や筋肉量を大幅に変える役作りで知られ「セリフであまりに肉体を褒めちぎるもので、それに見合う体をつくり上げる。いつも本気ですけど、今回は一番本気」と抱負を語った。

 また竹野内豊(45)と交際中の倉科カナ(28)も出席。退出時、結婚について質問されたが無言を貫いた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年1月29日のニュース