石坂側から出演料カットの逆提案も…テレ東は低視聴率による刷新主張

[ 2016年1月29日 05:30 ]

 俳優の石坂浩二(74)が、約21年務めたテレビ東京「開運!なんでも鑑定団」の司会降板を通告されたことをスポニチ本紙が報じた28日、同局で高橋雄一社長(64)が定例会見した。

 局トップの会見でもいまだ“石坂降ろし”の理由が不透明な中、スポニチ本紙の取材で、局側にどうしても降板させたいという強い姿勢があることが分かった。

 数回の話し合いの中、石坂側から「出演料を大幅に減らしてもらってもいい」と提案があったという。しかし、あくまで低視聴率による刷新という理由であることを繰り返し、降板は決定事項であることを伝えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年1月29日のニュース