元シンクロ代表の武田美保さん第2子妊娠報告「夫と私、一致して切望」

[ 2015年11月16日 05:40 ]

第2子を妊娠していることが分かった武田美保さん

 シンクロナイズドスイミングの元日本代表選手でスポーツコメンテーターの武田美保さん(39)が第2子を妊娠していることが15日、分かった。スポニチ本紙の取材に「現在、妊娠5カ月です。とても幸せ。健康に生まれてくれることを願っています」と明かした。

 また、この日自身のブログでも「現在5カ月に入り、母子共に穏やかに体調も良好に過ごさせて頂いています」と妊娠を報告。「夫と私、一致して切望していました。長男に兄弟か兄妹ができると、どんなに賑やかになるだろうと想像を膨らませていたりしました」と喜びをつづっている。

 まだ性別は確認できないというが「とにかく授かった命がこの世に無事に誕生してきてくれるよう祈りつつその日をドキドキ待っています」と出産に向け準備を進めている。

 武田さんは2000年シドニー五輪、04年アテネ五輪でデュエット、チームの両種目で銀メダルを獲得。07年9月に経産官僚だった、現三重県知事の鈴木英敬氏(41)と結婚。12年6月に第1子の男児を出産している。現在3歳になる長男も「『ここ、赤ちゃんいるね』と言いながら、お腹を凝視してまるで中身が見えているようです。子供から本当にたくさんの豊かな新鮮な感情をもらっています」とし、子育てと仕事の両立を応援してくれている夫の鈴木氏にも感謝している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年11月16日のニュース