進撃の春馬「壁を壊せた」 プロモーションで地球4分の3周移動

[ 2015年9月20日 05:30 ]

初日舞台あいさつで特製の壁を破壊した(左から)水原希子、三浦春馬、長谷川博己、石原さとみ

 人気漫画を映画化した2部作の後編「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンドオブザワールド」が19日に初日を迎え、主演の三浦春馬(25)らが都内で舞台あいさつした。

 三浦が米ロサンゼルスでのプレミアやプロモーションで移動した距離は、3万2000キロ超。地球4分の3周にあたり、「惜しい!もう少しで1周だった」と悔しそうにしたが「いろんな経験をさせてもらえて、昔よりは壁を壊せたかな」と成長を実感。北米で30日に、日本の実写映画では史上最大規模の112館で公開されることも決まった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年9月20日のニュース