高橋克典、ラグビー快挙に涙!“金星例え話”に「何でもいい!嬉しい!」

[ 2015年9月20日 20:36 ]

ラグビー日本代表の歴史的勝利に涙した高橋克典

 俳優の高橋克典(50)が20日、自身の公式ブログを更新。ラグビーW杯で南アフリカから金星を挙げた日本代表を祝福した。

 学生時代にラグビー部だった高橋は「いやったーーーーー遂に悲願達成!!泣きました!」と感動で涙したことを明かした。

 続けて「高校途中でラグビーを辞めてからも応援してきました…。これまで日本代表ラグビーは体躯の違いもあり、苦戦を強いられてきましたが、今回の闘いは、今迄の総ての積み重ねでできた、世界に誇れる素晴らしいチーム!素晴らしい試合内容!!とくに最後の最後でPGを狙わずにトライを取りに行ったところなど、俺たちは引き分けに来たんじゃない、勝つためにここにいるんだ!と言ってるようで鳥肌が立ちました」とつづり、日本代表を祝福した。

 「皆さんも良かったら、ラグビー是非一度観てみてもらえませんか」と一過性の人気にならないようにラグビーの人気定着を訴えた。

 高橋は、どのくらいの金星なのか例えるのがネットで話題となっていることにも触れたが「ネットでは今回の勝利を桐谷美玲が吉田沙保里に勝つくらい凄いとのコメントがあったとか。笑。うーむ…この際何でもいい!嬉しいです!」とコメントしていた。

 「正月の駅伝、青学の勝利に続き、嬉しい」と1月の母校の箱根駅伝優勝と合わせてスポーツイベントでの快報を喜んでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年9月20日のニュース