ケンコバ 陣内智則の結婚は「最後の瞬間まで妨害工作します」

[ 2015年6月27日 18:27 ]

取材に応じた(左から)竹内渉、ケンドーコバヤシ、永尾まりや

 お笑いタレントのケンドーコバヤシ(42)が27日、MCを務めるTOKYO MXの新バラエティー番組「どうなる?」(7月6日スタート、月曜後10・30)の初回分収録後、レギューラーのタレントの竹内渉(29)、「AKB48」の永尾まりや(21)とともに取材に応じた。

 ケンコバは一部で、交際中のフジテレビの松村未央アナウンサー(28)との結婚が近いと報じられた芸人仲間の陣内智則(41)について「あいつ、結婚するんですか?」と動揺すると、「最後の瞬間まで諦めずに妨害工作やります。区役所に提出する直前まで妨害工作します」と驚きの宣言。「とりあえず、何区が探るべき。区役所の前に野犬いっぱい放ってやります。かわいい女の子ひっかけてハニートラップしかけてやりますよ。何でもやりますよ。だって、許せます?同じ釜の飯を食うてたやつが、憧れの女子アナと結婚…許せないでしょう」と恨み節。「最後の一瞬まで諦めないってことをここで宣言します」と繰り返し、笑わせた。

 番組では“これから”のタレントたちがワンルームマンションの一室でさまざまな企画に挑戦し、ケンコバらがスタジオでタレントとして独り立ちするまでを見守る。初回を終え、ケンコバは「美女2人がいるので楽しい現場。永尾さんなんて総監督の倍かわいいですからね」とニヤリ。竹内が「まりやちゃんがアイドルで聞けないので、その分、(ケンコバの)下ネタが私に来る。それをどう受け流していくのかが課題。その成長を見ていただきたい」と話すと、永尾は「アイドルで良かったなと。NGな部分も多いし」と苦笑。「ケンドーコバヤシさんがすごい面白いのでしゃべらなくていいかなって思っちゃう。頑張ってしゃべります」と続け、笑った。

 初回は内職の収入だけで暮らす“内職アイドルの部屋”、マンションの1部屋1万個のドミノに挑む“ワンルームドミノ”、ご当地ソングを作り続ける“ブラック侍の日本を歌う”の3つの企画がスタート。企画の行く末について「ぼんやり見届けようかな」と苦笑いを浮かべたケンコバ。「めちゃくちゃかわいい子が何かする企画は見てみたい」と今後の企画を提案した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年6月27日のニュース