EXILE MAKIDAIらが卒業あいさつ「寂しい気持ちある」

[ 2015年6月27日 19:22 ]

EXILEの(左から)MAKIDAI、USA、松本利夫

 EXILEが27日に放送されたTBS「音楽の日」に出演。今年いっぱいでEXILEのパフォーマーを卒業することを発表した松本利夫(40)、MAKIDAI(39)、USA(38)がそれぞれコメントを発表した。

 「初代J Soul Brothersから考えると約16年間踊ってきたので、この仲間と踊るのは今年で最後と思うとやっぱり寂しい気持ちはあるんですが、また違った角度でEXILEを盛り上げていきたいのでよろしくお願いします」(USA)、「改めてこうして一緒にパフォーマンスできるこの1回を大事に頑張っていきたいと思います」(MAKIDAI)、「パフォーマーとしては今年で最後になりますけど、踊りをやめるわけでもなく、また別の角度でEXILEを盛り上げていきたいと思うのでよろしくお願いします」(松本)とそれぞれ名残惜しみながらあいさつした。

 3人と同じく初期メンバーのボーカル・ATSUSHI(35)は「自分も初期からいるメンバーとしてEXILEを進化させ、さらに飛躍させられるよう頑張りたいなと気合が入っている気持ちです」と決意を新たにした。

 今後について松本は劇団EXILEに「松組」を立ち上げるなど俳優業を優先。USAはライフワークである「DANCE EARTH」を活動の中心にする予定。MAKIDAIは「エンターテインメントのトータルプロデュースを行っていきたい」と意気込んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2015年6月27日のニュース