たかじんさん冠番組“消滅”メッセ黒田「今後もたかじんイズムを」

[ 2015年6月27日 21:09 ]

「メッセンジャー」の黒田有

 テレビ大阪「たかじんNOマネーBLACK」の最終回が27日に放送され、MCを務めるお笑いコンビ「メッセンジャー」の黒田有(45)がたかじんさんから受け継いだ“DNA”を今後も糧にしていくことを誓った。

 午後1時からの放送に加え、午後6時59分からも最終回スペシャルを放送。「衝撃の告白」をテーマに出演者らがトークし、黒田は交際中のタレント国生さゆり(48)について、「実は高校1年のときに追っかけをしたことがある」と明かした。おニャン子クラブ所属の国生ファンだった級友のバイクの後ろに乗りたかったために付いて行ったといい、「30年以上前の話。まさか自分がその人とお付き合いするとは」。サブMCの眞鍋かをり(35)らに「いい話じゃないですか」と言われ、大照れした。

 番組を振り返って眞鍋は「大阪の番組でこれだけ全国区のネットニュースに上がった番組ってないんじゃないかと思います。それだけガチでやっていた。それが許されたのはたかじんさんの名前があったからだと思います」としんみり。

 黒田は「天国のたかじんさんにいつまでも見守っていただくわけにいかないということでこの番組は終わりますけど、ここで得たものをもとに今後も頑張っていって。たかじんイズムというものを皆さん東京でも大阪でも」とたかじんさんの思いを改めて胸に刻んだ。

 同番組は「たかじんNOマネー」として2011年1月よりレギュラー放送。昨年1月にたかじんさんが死去し冠番組全3番組中、他局の2番組はことし4月から「たかじん」の文字を外してリニューアル。同番組終了によりたかじんさんの冠番組は消滅した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年6月27日のニュース