郷ひろみ&樹木希林36年ぶりデュエット TBS「音楽の日」で披露

[ 2015年6月27日 06:00 ]

TBS「音楽の日」で36年ぶりに一夜限りのデュエットを披露する郷ひろみ(左)と樹木希林

 郷ひろみ(59)と樹木希林(72)が、36年ぶりにデュエットを披露する。27日午後のTBSテレビ60周年特別企画の特番「音楽の日」に生出演。同局で70年代に共演したドラマの劇中歌「お化けのロック」「林檎殺人事件」を歌う。TBS60周年を振り返る音楽特番の最大の目玉となる。

 26日の前日リハーサルで久々に顔を合わせた2人は、当時と同じペアルックのオーバーオール。デュエットするのは79年以来だ。

 スタジオ入り直前、郷が「僕自身が一視聴者として楽しみ。楽しくなる」と話せば、希林は「当時に近づけてダンスもやりたい。どうせ期待されてないので私は駄目でも挫折しない」と独特の言い回しで意気込みを語った。

 2曲はドラマ発のヒット曲の草分け。「お化け…」は77年の「ムー」、「林檎…」は78~79年の「ムー一族」の劇中歌。当時は出演者が歌い、レコード発売することは異例のことだった。♪フニフニ~と歌う「林檎…」は、コミカルなダンスも手伝って大ヒット。同局「ザ・ベストテン」で4週連続1位を記録した。

 当時を振り返り、希林は「20歳の郷さんは、“僕はねぇ、結婚は一度。(何度もするのは)考えられない”と言ってた。それが凄く印象的」と回想した。あれから40年。3度結婚した郷は「言ったんでしょうね…」とタジタジだった。息ピッタリ!?の2人の登場は、午後9時頃の予定だ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年6月27日のニュース