小倉智昭、眞鍋かをりの心情代弁 吉井との結婚「本当は早く…」

[ 2015年6月27日 05:30 ]

眞鍋かをりの「芸能界の父」を自任するフリーアナウンサーの小倉智昭

 元「ザ・イエロー・モンキー」のボーカル吉井和哉(48)との結婚と妊娠を26日付のスポニチ本紙首都圏最終版が報じたタレントの眞鍋かをり(35)が同日未明、自身のブログで「結婚し、新しい命を授かっていることをご報告させていただきます」とつづった。

 眞鍋の「芸能界の父」を自任するフリーアナウンサーの小倉智昭(68)は同日朝、司会を務めるフジテレビ「とくダネ!」で25日に眞鍋と会った際、体重が5キロ増え「おなかがもうぽっこりしているのが見えた」と報告しながら「本当は早く発表したかったんだろうと思う」と語った。

 眞鍋は10月に出産予定で、妊娠6カ月とみられる。ここまで発表が遅くなったのは苦悩があった。小倉は「吉井君は前の奥さんとの間にお子さんもあって(眞鍋は)やっぱり先方のことを大変気にしてたんじゃないか」と心情を代弁した。

 吉井はバツイチで子持ち。ザ・イエロー・モンキーを結成した88年頃結婚し、娘3人と息子1人をもうけた。前妻は、年間約100本のライブで全国を駆け回る吉井に代わり、4人の子供を育てた「糟糠(そうこう)の妻」。一方、吉井はイエモンの96年のヒット曲「JAM」について、「君に逢(あ)いたくてというくだりは、娘に向けて書いた」と過去に語っていたほど、子供への思いが強い。

 愛の証を得て、結婚にこぎ着けた眞鍋。ゴールインへの壁は低くなかったことがうかがえる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2015年6月27日のニュース