笹崎アナがTV初出演“初カミ”も笑顔「世間の目に負けず…」

[ 2015年6月3日 20:03 ]

テレビ初出演した(左から)日本テレビの尾崎里紗、平松修造、笹崎里菜各新人アナウンサー(C)日本テレビ

 日本テレビの新人、笹崎里菜アナウンサー(23)が3日に放送された同局「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」(水曜後7・56)でテレビ初出演し、番組デビュー。「世間の目に負けず、芯のある女性になりたいと思います」と抱負を語った。「以上」を「いぞう」と言う“初カミ”もあったが、笑みを浮かべた。“内定騒動”には直接、触れなかった。

 笹崎アナは銀座のクラブでアルバイトをした経験を理由に一時内定を取り消される騒動を経て入社。同期の尾崎里紗アナ(22)平松修造アナ(22)とともにお披露目された。

 新人アナ3人に1年間、密着する新企画「1年たったら こうなりましたの旅」がスタート。企画は知らされぬまま、4月1日の入社式、研修後に3人だけが部屋に残された。
 
 自分が1年後にどうなっているか、カメラに向かって30秒ピッタリでしゃべるという“人事部の指令”に、笹崎アナは「1年後ですが、私は泣き虫なので、まずは泣かないようにしたいと思います。そして1年後、たくさんの番組につきたいと思っています。世間の目に負けず、自分のやりたいことをしっかりと見つめて、芯のある女性になりたいと思います」とハキハキと抱負を語った。

 「確か、ちょうど1年後の3月、東京マラソンがあったと思うのですが、来年は日本テレビがやるはずです。ぜひ私、走りたいと思います。頑張ります。いぞうです。以上です」とカミながらも、笑って白い歯を見せて東京マラソン出場も宣言。しゃべりのタイムは31秒と勘のよさを示した。

 最後に番組の密着企画だとネタバラシがされると「うれしいです、素直に。頑張りたいと思います、有言実行できるよう」と笑顔で度胸満点に語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年6月3日のニュース