神田うの 窃盗被害のショック大きく…「白髪が何百本も出てきた」

[ 2015年6月3日 10:18 ]

「シェーナ・ドゥーノ」新作発表会で窃盗被害について説明した神田うの

 約3000万円もの窃盗被害に遭ったタレントの神田うの(40)が3日、フジテレビ「ノンストップ!」(月~金前9・50)にVTRで出演。騒動の影響で「白髪が何百本もでてきた」と告白し、心労の大きさをうかがわせた。

 
 週刊誌の報道によると、神田は長女(3)の女性ベビーシッター(60)に自宅の高級ブランドバッグや貴金属などを持ち出され、約3000万円もの窃盗被害に遭っていたという。昨年1月に警視庁に被害届を提出。同11月に女性は逮捕され、先月14日に東京地裁で懲役2年4月の実刑判決を言い渡された。女性は控訴している。

 番組の単独インタビューに応えた神田。女性ベビーシッターを信頼し、お酒を飲みながら悩みを相談したこともあったという。「100%そうだとしても、1%は違うんじゃないか。違っていてほしい」と、被害判明後も女性を信じたいという心から葛藤があったことを明かした。

 アラフォーでも「白髪が1、2本しかなかった」という神田だが、騒動後は「何百本もでてきた」という。一番の被害者は長女だといい、「母親として本当にすまなかった。もっとしっかりとした母親になっていきたい。改めて今回のことで学ばせていただきました」と母親としての気遣いを見せた。

 神田は前日には自身がデザインを務めるウエディングドレスブランド「シェーナ・ドゥーノ」の新作発表会に出席。ショー終了後の会見では「私の中では乗り越えました」としながらも涙をこぼす場面もあった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年6月3日のニュース