浅田舞「自分から告白」恋人との交際順調も…結婚は「今じゃない」

[ 2015年5月19日 11:38 ]

日焼けした肌を気にする浅田舞
Photo By スポニチ

 元フィギュアスケート選手でスポーツキャスターの浅田舞(26)は、妹・真央(24)の現役続行表明に「全力で応援します」とエールを送った。自身はバラエティー番組での赤裸々トークが反響を呼び、水着姿を披露した初写真集「舞」(集英社)も好評。妹と比較され葛藤した過去さえ笑顔で語る。「真央ちゃんのお姉ちゃん」という殻を破り、自分だけのリンクで輝き始めている。

 凜(りん)とした顔立ちの正統派美人。写真集に収録されている母匡子(きょうこ)さんの若い頃の写真とよく似ている。匡子さんは11年12月に肝硬変で48歳の若さで死去。「当時はまだ遊び歩いて荒れまくっていたから、かなり心配してただろうな」と振り返る。

 匡子さんからは「姉妹2人しかいないんだから助け合って生きていかないと駄目」と言われていたという。「お母さんが亡くなってようやく気付けたことが多かった。妹との絆も凄く強くなったので、お母さんが望んでた2人になれたと思う。テレビに出たり、素敵な写真集を作っていただいたり、いろんなところに行って楽しんでる今の自分を見てほしかった」

 ナイスバディーの持ち主で、写真集では水着姿を披露。「好きな人ができたらガンガン行くタイプ」という肉食女子でもある。ヒップホップユニット「シクラメン」のリーダーDEppa(32)と交際中で、「付き合うのは3人目。待ち切れなくて、自分から告白しました」と明かした。

 交際期間は約2年。仕事が順調な要因はプライベートの充実にあるようで「本当に優しい人で、どんなに理不尽なことを言っても受け入れてくれるから自然でいられる。彼の運気も吸い取ってるのかな」と笑顔。結婚は「したいけど、今は仕事が楽しくて、今じゃない。ご縁とタイミングに恵まれた時にできたらいいな」と話した。昨年大ヒットした映画「アナと雪の女王」も、姉が自分を解放し、姉妹の絆を再確認する物語。“ありのままの姿”で輝きハッピーオーラに包まれた姉と、再出発を決意した妹。浅田姉妹の飛躍が楽しみだ。

 ◆浅田 舞(あさだ・まい)1988年(昭63)7月17日、名古屋市出身の26歳。中京大卒。フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権で3年連続2位を獲得するなど活躍。05年にモデルオーディションでグランプリを獲得。12年ロンドン五輪で民放ラジオ100局の統一番組のキャスターを務め、五輪キャスターに初挑戦。地元の名古屋で、東海テレビ「みんなのニュースONE」や、メ~テレ「ドデスカ!」にレギュラー出演中。1メートル63。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年5月19日のニュース