和田アキ子、耳の不調訴える「点滴打ったり入院してもダメ」

[ 2014年12月29日 15:14 ]

リハーサルをする和田アキ子(手前)

「第65回NHK紅白歌合戦」リハーサル初日 

 和田アキ子(64)が12月上旬から耳の不調に苦しんでいることを明かした。

 この日も鼻風邪でリハーサルに臨んだ和田は「12月の頭から治らない。点滴打ったり入院したりしているんだけど、なんだかわからなくて」と告白。歌声自体にはそこまで大きな影響がないものの、自身の歌声が聞こえづらく、音調が取りづらいと訴えた。

 「鼻の奥に膿があって、管を通して抜いたりしたんだけど…10日間病院に行ったんですけどダメでしたね」と困り顔。日頃自宅でテレビを視聴する際、音量を「23」程度にしているそうだが、「この前旦那が帰ってきて『どうしたの?』って言われたんだけど、音量が63だった。それくらいがちょうどよく聞こえる」とかなり聞こえが悪くなっている状態を説明した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年12月29日のニュース