小栗旬 幸せいっぱい父親の笑み「徐々に子供中心の生活に」

[ 2014年11月20日 19:47 ]

表彰式に出席した(左から)小栗旬、布袋寅泰、唐沢寿明

 俳優の唐沢寿明(51)、小栗旬(31)、ギタリストの布袋寅泰(52)らが、男性誌「GQ」が今年の活躍が目覚ましかった男性著名人を称える「GQ Men of the year 2014」に輝き20日、都内で行われた表彰式に出席した。

 小栗は10月に山田優(30)との間に第1子が誕生し、「父親になったことが一番大きい。生活はあまり変わっていないけれど、徐々に子供中心の生活になっている」と笑顔。現在はフジテレビの主演ドラマ「信長協奏曲」の撮影中で、「(仕事に)行く時に寝ていて、帰ったら寝ているので、ほとんど寝顔しか見ていないけれど、幸せです」と明かした。

 受賞の喜びを「会う人、会う人に伝えたい」としたが、唐沢が「多分、小栗旬と一緒だと思うけれど、奥さん(山口智子)です」と横ヤリ。すると、小栗も「同じ意見です」と照れることしきり。すると、布袋も「同じ意見です(今井美樹)」と同調し、会場の笑いを誘った。

 来年の抱負を問われると、小栗は「格闘技を始めたので、もう少し体をつくって動けるようにして、アクションをいっぱいやりたい」と意欲。ここでも唐沢が「小栗のアクションで、僕が吹き替えをやります。ギャラは高いけどね」とリクエスト。小栗は「じゃあ、お願いします」とすっかりペースに乗せられ、あっさり“前言撤回”していた。

 他に、ウルフルズ、劇団ひとり(37)、坂上忍(47)、園子温監督(52)、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(66)がそれぞれ受賞した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年11月20日のニュース