「アナ雪」主題歌は大賞候補ならず…原則論で選考から“除外”

[ 2014年11月20日 05:30 ]

第56回輝く!日本レコード大賞

 今年、社会現象化したディズニー映画「アナと雪の女王」の日本版主題歌「レット・イット・ゴー~ありのままで~」は大賞候補となる10作品には選ばれなかった。代わりに「アナと雪の女王」に、特設された特別映画音楽賞が贈られる。

 同曲の米国版は、米歌手イディナ・メンゼル(43)が歌う「Let it go」で、昨年11月発売。松たか子(37)やMay J.(26)が歌う日本版はそれぞれ今年3月以降に発売されており、主催側は「原則として日本国内で最初に発表された作品(中略)について選考審査を行う」としていることから、原則論にのっとった。

 1979年には、西城秀樹(59)の「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」が外国人のカバーだとして審査対象から外れている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年11月20日のニュース