山岡士郎と海原雄山が「究極の和解」 連載32年目で…

[ 2014年4月21日 08:20 ]

 「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の人気マンガ「美味しんぼ」で、主人公の山岡士郎が、海原雄山と父子の真の絆を取り戻した。

 21日発売の同誌21号で士郎は思い出の品を雄山に思い出の品を渡す。そして、長い間かけることのできなかった言葉を発するのだ。その言葉を聞いた山岡夫人・ゆう子は…。

「美味しんぼ」は83年の連載開始以来、父子の葛藤(かっとう)、食にまつわるドラマなどを中心にストーリーを展開。08年に2人が和解し話題になったが、今回はそれがさらに深っまている。かつて「究極」という流行語を生んだ同作だが、連載31年目にして「究極」の和解、「究極」のシーンが描かれることになった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2014年4月21日のニュース