「アナ雪」総指揮「ドウモアリガトウ」興収100億円御礼

[ 2014年4月21日 13:52 ]

興行収入100億円を突破した映画「アナと雪の女王」(C)2014 Disney.All Rights Reserved.

 大ヒット中のディズニー映画「アナと雪の女王」の興行収入が100億円を突破したことが21日、分かった。配給元が発表した。

 公開6週目を迎え、19、20日の週末興収は8億2678万1000円(前週比98・2%)。19日に100億円を超え、20日までの興収は107億円2764万1000万となった。

 全世界50カ国で公開中だが、米国を除くインターナショナル興行成績は日本がナンバーワン。製作総指揮のジョン・ラセター氏、クリス・バック、ジェニファー・リー両監督
からお礼のメッセージが届いた。

 ▼ジョン・ラセター氏の話 僕たちはみんな、僕の大好きな日本の皆さんが「アナと雪の女王」を大好きになってくれることを心から願っていました。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオのスタッフ一同、映画をご覧いただいた皆さんの温かい声に感謝の気持ちと感激で、胸がいっぱいです。ドウモ アリガトウ ゴザイマス!

 ▼クリス・バック、ジェニファー・リー両監督の話 日本の皆さんへ。「アナと雪の女王」の歌やストーリー、そしてキャラクターたちにたくさんの愛情を注いでいただいて、私たちは心から感謝しています。先日、東京を訪れる機会に恵まれ、この映画の完成を祝う素晴らしいイベントにお招きいただきました。その時はまるで夢のようなひとときでした。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオのスタッフ一同から皆さんへ、オラフのように「あったかいハグ」をお届けします。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年4月21日のニュース