三国さん「戒名いらない」 散骨希望も長男・浩市「納骨します」

[ 2014年2月21日 05:30 ]

 昨年4月に亡くなった三国連太郎さん(享年90)は生前「戒名はいらない、散骨して誰にも知らせるな」と言い残していた。

 その遺志を受け、昨年4月に静岡県沼津市の自宅で行われた葬儀は密葬形式で、位牌には「三国連太郎」とだけつづられた。散骨については、昨年7月のお別れの会で、長男の佐藤浩市(53)が「分骨する中で散骨はあるでしょうが、基本的には納骨します」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年2月21日のニュース