保険1億円!「魔女」小芝風花、15メートル上空から登場

[ 2014年2月21日 05:30 ]

ほうきに乗って登場する小芝風花

 女優の小芝風花(16)が20日、東京・新宿の花園神社で主演映画「魔女の宅急便」(3月1日公開)のヒットを祈願した。

 人気アニメの実写版。魔女見習いの主人公キキの衣装でほうきにまたがり、クレーンでワイヤにつられて15メートル上空から登場し「やっぱり空は最高です」と声を弾ませた。

 “飛行”は撮影以来で半年ぶり。「まだ空を飛ぶ魔法が使えてよかった」と笑顔。万が一の場合に備えて配給の東映が1億円の保険を掛けて臨んだが、共演者が待つステージに無事降り立った。

 母親役の宮沢りえ(40)も飛ぶシーンがあり「すごく楽しかったので、きょうはうらやましい」。主題歌を担当した歌手の倉木麻衣(31)は「キキちゃんを間近で見られてうれしい」と喜んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年2月21日のニュース