菊之助 二世誕生に「不思議な感じ」 姉・寺島しのぶは「でかした」

[ 2013年11月29日 16:15 ]

長男誕生に満面の笑みで会見する尾上菊之助

 28日に第1子となる長男が誕生した歌舞伎俳優の尾上菊之助(36)が29日、都内の稽古場で会見を行い、二世誕生の瞬間を「感動しました」「とても不思議な感じがしました」と喜びいっぱいに語った。

 妻の瓔子(ようこ)さんは同日午後5時57分、都内の病院で出産した。立ち会った菊之助は瓔子さんの枕元で背中をさすりながら「親ばかですがビデオを構えていた」と振り返った。感動の瞬間は産気づいてから1時間ほどで訪れ「ポンと出てきました」とうれしそうに誕生の瞬間を実況してみせた。そして菊之助は「ありがとう」と瓔子さんの手を握り、長男のへその緒を切ったという。

 菊之助は両親にはメールで知らせ、父の尾上菊五郎(71)は「良かった」と喜び、母の女優富司純子(67)からはキラキラのデコメールが返信された。姉の女優寺島しのぶ(40)からも「でかした!」とメールが届いたという。瓔子さんの父・中村吉右衛門(69)も病院に駆け付けたといい、「うれしそうでした」と明かした。

 「父親の実感はまだ全然ない」としながらも「元気な子です」と目を細めるなど幸せいっぱい。父親として「細かいことを気にせず大きな気持ちで育てたい」と語り、兄弟については「多いほうがいいが、相談しながら…」と笑って見せた。

 二世のお披露目は来年5月に予定されている結婚披露宴になるという。

 和史(かずふみ)君と名付けられた待望の二世は、菊五郎にとっては、寺島しのぶの長男(1)に次ぐ2人目の孫。初の内孫で将来は音羽屋の跡取りとなり、市川団十郎と並ぶ歌舞伎界の大名跡である「尾上菊五郎」を継ぐことになる。吉右衛門にとっては初孫となる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年11月29日のニュース