川口春奈主演「夫のカノジョ」前回より0・6ポイントUP!

[ 2013年11月29日 10:36 ]

「夫のカノジョ」主演の川口春奈

 第8話での事実上の打ち切りが決まった川口春奈(18)主演のTBS系連続ドラマ「夫のカノジョ」(木曜後9・00)の第6話が28日に放送され、平均視聴率が3・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが29日、分かった。

 今世紀以降のプライム帯(午後7~11時)で放送された民放の連続ドラマの中で最も低かった前回の第5話3・0%より0・6ポイント上げた。

 放送枠の“木曜ドラマ9(ナイン)”は2011年10月クールから国民的ドラマシリーズ「渡る世間は鬼ばかり」の後番組として新設されたドラマ枠。「夫のカノジョ」は初回4・7%、第2話4・8%、第3話3・7%、第4話は3・1%、第5話は3・0%と低迷が続き、主演の川口が自身のブログや出演イベントで番組をアピールするなど異例の展開を見せるも、TBS側は12月12日放送の第8話での事実上の打ち切りを発表した。川口は第6話の放送前も「観てね!」のタイトルでブログを更新し、「撮影も毎日頑張っているよ!今夜は6話です!」などと宣伝していた。6話までの平均は3・9%。

 20歳の派遣社員・星見(川口)が上司の麦太郎(田辺誠一・44)の妻・菱子(鈴木砂羽・41)に夫の浮気相手と誤解され、もみ合っているうちに、体が入れ替わってしまう痛快コメディー。原作は垣谷美雨氏の人気小説「夫の彼女」。川口は11年に同局深夜枠「桜蘭高校ホスト部」でドラマに初主演し、今回がゴールデン帯の連ドラ初主演となる。麦太郎と菱子の間の息子役を、人気子役の鈴木福(9)が演じている。

 そのほかの共演は片平なぎさ(54)、柳沢慎吾(51)、山村紅葉(53)ら。

 第6話は、石黒(古川雄輝・25)からの告白に“中身は菱子”の星見は動揺。一方、誰かと電話ばかりして、寝室も別にしている中身は星見の菱子に、麦太郎は浮気を疑い始める。そんな両親の微妙な様子を察した息子・真人(鈴木福)は両親が離婚してしまうのではと気をもんでいた。そんな中、上司の久米(柳沢慎吾・51)から夫婦円満の秘訣を聞いた麦太郎は、菱子をデートに誘う。菱子の家庭を守るため、中身が星見の菱子は麦太郎としぶしぶデートへ。そんな2人を真人と星見の姿をした菱子がそれぞれ尾行して…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年11月29日のニュース