NMB“スーパー研究生”渋谷凪咲 センター抜てき!「すごく嬉しい」

[ 2013年11月16日 22:17 ]

MVのワンシーンで、NMB48の渋谷凪咲(中央)は山本彩(左)や渡辺美優紀を従えてセンターで熱唱(?NMB48)

 NMB48の“スーパー研究生”渋谷凪咲(17)が12月11日発売のAKB48の34枚目シングル「鈴懸(すずかけ)の木の道で『君の微笑みを夢に見る』と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」のNMB版のカップリング曲「君と出会って僕は変わった」でセンターを務める。

 大阪・難波のNMB48劇場での公演で16日、発表されたもので、NMB48では“不動のツートップ”山本彩(20)と渡辺美優紀(20)以外がセンターを務めるのは初めて。渋谷は「選ばれたからには、誰よりも輝けるように頑張ります」と誓っていた。

 また、ソーシャルネットワークサービス「Google+」でも喜びをつづり「今回のカップリング曲は、各チームの若手がセンターをつとめるという事になったんですが、でも選抜に選んで頂けた事も、本当に凄く嬉しい事なのに、今回センターをさせて頂いて、すごくびっくりしました。でも、選んで頂いたからには自分の出来る事すべてを出しきって、自分らしく一生懸命頑張ろうと思いました!」とし「でも、すごく嬉しいです!このチャンスを絶対にムダにしたくはないので、自分なりに一生懸命頑張ります!!」と決意を述べていた。

 渋谷は新たなAKBの“神7(セブン)”候補として期待される研究生7人による新ユニット「てんとうむChu!」のメンバーとしも活躍している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2013年11月16日のニュース