「リーガルハイ」で國村&新垣初共演!「柘植の飛猿」も登場

[ 2013年10月30日 12:00 ]

(左から)新垣結衣、堺雅人、國村隼(C)フジテレビ

 堺雅人(40)主演のフジテレビ系連続ドラマ「リーガルハイ」(水曜後10・00)の第5話(11月6日放送)に國村隼(57)、野村将希(60)がゲスト出演する。同局が30日、発表した。

 國村が演じるのは、新垣結衣(25)演じる黛真知子の父親・素夫。新垣とは初共演になるが「ナチュラルな方で、演じていてやりやすいです」と言う。「(リーガルハイは)コミカルなテンポと、リアルな世界から少しだけ浮き上がったような独特な世界観を持った作品だと思います。出演が決まった時には、正直、難しいなと感じました」とベテランにとっても素夫役は容易ではなかったようだ。

 野村は文具メーカーのサラリーマン・田向学として出演。レギュラーキャストの里見浩太朗は水戸黄門役で知られるが、大和田伸也、伊吹吾郎、山田純大、東幹久と助さん、格さんを演じた俳優が過去にも多数キャスティングされている。「水戸黄門」シリーズで「柘植の飛猿」として活躍した野村だけに、大和田らの出演時と同じように、BGMに「あゝ人生に涙あり」が流れるか――番組得意のパロディー演出が注目される。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年10月30日のニュース