AKB48 B’z超え偉業達成!14作連続シングルミリオン

[ 2013年10月30日 18:02 ]

30日に発売されたAKB48の33rdシングル「ハート・エレキ」のイメージ画像(C)AKS

 30日に発売されたAKB48の33枚目のシングル「ハート・エレキ」(You、Be Cool!/KING RECORD)が店着初日を集計した29日付けオリコンランキングで102万1000枚を売り上げ、初日ミリオンを達成した。

 AKB48のシングルミリオンは、20作目の「桜の木になろう」(2011年2月発売)から14作連続通算15作目。14作連続のシングルミリオンは、これまでロックバンドのB’zが持っていた13作連続(「LADY NAVIGATION」(1991年3月発売)~「Real Thing Shakes」(1996年5月発売))を塗り替える、1968年1月の週間ランキング発表開始以来の歴代新記録となった。

 また、今作でAKB48は通算のシングルミリオン獲得数記録でもB’zの通算15作に並ぶ歴代1位タイとなり、次作以降での単独1位に王手を掛けた。デイリーシングルランキング初登場首位は13作目の「言い訳Maybe」(2009年8月発売)から21作連続となった。

 今作は1960年代に流行ったグループ・サウンズ調のナンバー。9月18日に行われた「AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会」のステージ上で初披露され、第1期メンバーである小嶋陽菜(25)が8年目にして初めてセンターを務めたことでも話題となった。

 日本音楽史上に金字塔を打ち立てたことにメンバーの総監督、高橋みなみ(22)は「多くのファンの方に支えて頂いていることの証だと、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。これからも慢心せず、この記録に恥じないよう、メンバー一同がんばっていきたいと思います」とコメント。さらに小嶋は「秋元先生から『小嶋がセンターだ』とメールをもらったときは、何かの間違いで、迷惑メールか何かかと最初は思ってしまいましたが、こんな光栄な記録に残るシングルのセンターをやらせて頂けたことが、本当に嬉しいです」と歓喜している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年10月30日のニュース