イクメンパパ4人表彰 市村正親「人生の楽しみが4倍に増えた」

[ 2013年10月17日 17:24 ]

「イクメンオブザイヤー 2013」で表彰された(左から)村田諒太、市村正親、庄司智春、品川祐

 子育てに熱心に取り組む男性の有名人を表彰する「イクメンオブザイヤー 2013」にプロボクサー村田諒太(27)、俳優市村正親(64)、お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐(41)と庄司智春(37)の4人が選ばれ、17日、埼玉県越谷市の「イオンシネマ越谷レイクタウン」で授賞式が開かれた。

 遠征で家を空けることも多いという村田は「2歳の息子に寂しい思いをさせることも多いが、家にいる時は賞に恥じない父親になりたい」と喜び、市村は「2人の子を持って人生の楽しみが4倍に増えた」と笑顔で話した。

 孫の育児に積極的な「イクジイ」部門もあり、「尾木ママ」と親しまれる教育評論家尾木直樹さん(66)が受賞。「孫は本当にかわいい。『ママ』も『ジイ』もやります」と笑いを誘った。

 表彰は今年で3回目。父親も育児を楽しもうと訴える団体が主催し、厚生労働省が後援した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年10月17日のニュース