相棒「トリオ・ザ・捜一」の三浦刑事退職に惜しむ声「最終回の気分」

[ 2013年10月17日 16:10 ]

2012年3月、「相棒」ファンミーティングに登場した(左から)大谷亮介、川原和久、山中崇史

 水谷豊(61)主演のテレビ朝日の人気ドラマ「相棒season12」(水曜後9・00)が16日にスタート。大谷亮介(59)演じる「トリオ・ザ・捜一」の三浦刑事が警視庁を退職する“波乱の幕開け”に、番組フェイスブックには惜しむ声が相次いだ。

 刑事部捜査一課の伊丹刑事(川原和久=51)芹沢刑事(山中崇史=42)とともに「トリオ・ザ・捜一」として親しまれた三浦刑事。トリオの良心的存在で、初代相棒・亀山(寺脇康文=51)と伊丹がぶつかり合うとなだめてきた。

 そんな三浦刑事が16日の放送で捜査中に左足を刺され、重傷を負い、警視庁を退職。番組フェイスブックには「彼が一番警察の良識だったと思ってたのに…。もう、最終回を見てしまった気分です」「一課のトリオなくなるなんて残念。伊丹刑事の暴走!?誰が止めるんですかぁ~」「ウソであってほしいです。せめて内勤でデスクワークでもいいから三浦さんには残って、捜一をサポートし続けてほしかったです」と嘆く声が続々。

 そして、ファンは「たまには 事件の捜査協力などで 元気な姿を見せてください」「情報屋的なポジションでも何でもいいので、また出てほしいです」と“復活”を願っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年10月17日のニュース