フォークデュオ「ワライナキ」“復活ピアノ”使いライブ

[ 2013年3月11日 18:49 ]

 大阪市の高島屋大阪店で11日、東日本大震災による津波被害から復活したピアノを使ったライブが開かれた。関西を中心に活動するフォークデュオ「ワライナキ」が被災者に思いを寄せて作った「少しずつ」など5曲を披露した。

 ピアノは、福島県いわき市の豊間中学校体育館から、津波に流されて故障したが、同市の調律師遠藤洋さん(54)が半年かけて修理、奇跡的に音が出る状態まで復活。これまで、いわき市のほか、東京、横浜、京都などでも演奏されてきたという。

 今回のライブに参加した大阪府東大阪市の主婦肥田美智代さん(66)は「心に染み入るとてもいい歌でした。被災地のため自分たちにできることをやっていこうと気持ちを新たにしました」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年3月11日のニュース