天海祐希「自分の表現を信じている」 フラメンコダンサーに刺激

[ 2013年3月11日 14:23 ]

NHK「天海祐希 スペイン情熱の女たち」取材会でスペインの旅について語る天海祐希

 女優の天海祐希(45)が11日、東京・NHKでドキュメンタリー番組「天海祐希 スペイン情熱の女たち」(BSプレミアム、16、23日、後9・00~10・30)の取材会に出席した。

 天海がスペインの首都マドリードをはじめ4都市を巡り、その文化に触れながら情熱的に生きる女性たちの秘けつを探るドキュメンタリー。フラメンコで知られる都市セビリアでは本場の踊りにも挑戦。世界一という踊り手マリア・パヘスさんと対面し、「自分が表現したいことを信じている。その強さを感じた」と役者として刺激を受けたという。

 またバルセロナでは建築家アントニ・ガウディが手がけ、その死後も建築中の教会「サグラダ・ファミリア」を訪ねた。1882年に着工した同教会が2026年に完成予定と知り、「生きている間は完成しないと聞いていたけど…」とかなり驚いた様子。「初めて内部を見た様子の私の反応を楽しみにしてほしい」と見どころを紹介した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年3月11日のニュース