劇団四季「ライオンキング」 史上最速で8000回上演

[ 2012年6月26日 17:54 ]

公演通算8000回を達成した劇団四季のミュージカル「ライオンキング」

 劇団四季のミュージカル「ライオンキング」の公演回数が26日、東京都港区の四季劇場「春」で通算8000回に達した。同劇団によると、国内の演劇では上演中の「キャッツ」に次ぐ回数。

 28年間かけて8千回を達成した「キャッツ」に対し、「ライオンキング」は1998年12月の公演スタートから13年半での到達で、史上最速という。

 この日は公演後の特別カーテンコールで「8000」と記された大きなボードの周囲に、出演者が勢ぞろい。老ヒヒのラフィキ役で出演した青山弥生さんらが「これからも9000回、1万回と、ますます多くのお客さまに楽しんでもらえるよう精進します」などとあいさつすると、観客は総立ちになり拍手を送った。

 これまでに東京のほか大阪、福岡、名古屋、札幌で上演され、延べ約805万人が来場した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年6月26日のニュース