新垣結衣 24時間テレビ初参加「ここにいるのも不思議なんです」

[ 2012年6月26日 18:58 ]

日本テレビ「24時間テレビ35 愛は地球を救う」制作発表会見に登場した新垣結衣

 女優の新垣結衣(24)が26日、都内で行われた日本テレビ「24時間テレビ35 愛は地球を救う」(8月25、26日)の制作発表会見に、メーンパーソナリティーを務める「嵐」らとともに出席した。

 番組初参加となる新垣は「ずっと見ている側だったので、ここにいるのもまだ不思議なんです。今日1日、ここに来てからドキドキしています」とやや緊張気味。「目に見えないものをテーマにするのは勇気のいること。今年のテーマは未来ですし、皆さんにとって、未来に進んでいく力を与えられるような番組になったらいい。やって良かった、見て良かったと言ってもらえるような24時間テレビにしたい」と続けた。

 今回の24時間テレビのチャリティーTシャツは嵐の大野智(31)と現代美術家の奈良美智氏とのコラボで作成されたもの。“未来”という題字も大野が担当し、すでにインターネット通販などで販売されて評判となっている。大野は奈良氏とのコラボについて「お互いデザインを持ち寄った時に、たまたま2人とも(頭の)双葉を描いていたんです。未来への出発っていうのが含まれていて、すぐに決まりました」と笑顔。奈良氏とは以前から親交があったといい、「奈良さんとは初対面ではなくて、対談をさせてもらったり、プライベートでも食事とかしていたんで、それがやりやすかったですね」と出来ばえに自信を見せた。

 そんなTシャツについて、新垣も「カワイイですね」とニッコリ。「私は青がさわやかで好きだなと思いますけど、今日はスカートで女子らしくピンクにしてみました。チャリティーTシャツは番組の大きなアイテムでもあるので、今、袖を通してドキドキしています」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2012年6月26日のニュース