11年ぶり共演…坂口憲二「運命かな」高橋克典「圧倒的な華がある」

[ 2012年4月9日 17:30 ]

「舞台「十三人の刺客」製作発表記者会見に出席した高橋克典(左)と坂口憲二

 俳優の高橋克典(47)、坂口憲二(36)らが9日、東京・赤坂で行われた舞台「十三人の刺客」製作発表記者会見に出席した。

 同じ事務所の先輩後輩で、プライベートでも親交が深い2人。高橋は「映像でまだまだやらなければならないことがたくさんあるので」と一度は舞台のオファーを断ったが、坂口らキャスティングに一念発起し、13年ぶりの“復帰”を決意。一方、坂口もまた高橋と同じ理由で「無意識に避けてたところはあったかもしれない」という舞台に初挑戦。デビュー当時に何度か共演して以来、約11年ぶりとなる共演に「運命かな」と照れ笑い。「デビューしたときから克典さんにはずっとお世話になっていて、恩返しできるように頑張りたい」と力強く語った。

 後輩の熱意を聞いた高橋は「(坂口には)圧倒的な華がある。舞台でとても映えるんじゃないかな」と期待を口にした。

 「十三人の刺客」は8月3~18日まで東京・赤坂ACTシアターで、同21~29日まで大阪・新歌舞伎座で上演される。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年4月9日のニュース