内田裕也 6日に安岡さん見舞いも…「真の男だった」

[ 2012年4月9日 06:00 ]

安岡力也さん死去

 弟のようにかわいがっていた安岡さんの死にロック歌手の内田裕也(72)はショックを隠せなかった。危篤状態になった6日には病院に駆けつけた。「あんちゃん」と呼んで慕っていた裕也の見舞いに安岡さんも一時は持ち直したが、それからわずか2日後の悲報…。

 つらい現実に裕也は「ジョー山中(昨年8月に64歳で死去)に次いで安岡力也が亡くなるとは想像したこともなかった。2人はオレのロックンロールライフを長年にわたって支えてくれた。今、その存在の大きさをずっしりと感じる。力也はハンサムで強くて、心の優しい真の男だったと思う。天国でゆっくり休んでください。長い間、本当にありがとう!」と本紙にコメントを寄せた。

 裕也が73年に立ち上げた音楽事務所に知人の紹介で入社したのが安岡さん。ボディーガード兼経理係を命じ、それから40年近くの付き合い。共演映画も多く、恒例の年越しライブ「ニューイヤーズ・ワールド・ロックフェスティバル」でも安岡さんは主軸メンバーを務めてきた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年4月9日のニュース