ナイナイらのユニット「吉本印天然素材」11年ぶり復活

[ 2012年4月9日 06:00 ]

11年ぶりに集結したナインティナイン(左から5、6人目)ら天然素材のメンバー(吉本興業提供)

吉本興業創業100周年イベント・なんばグランド花月リニューアルオープン

 1990年代に笑いとダンスで大人気だったナインティナインら6組の芸人によるユニット「吉本印天然素材」が、新生NGKの記念すべき1回目公演でオープニングを飾った。01年6月、東京・ルミネtheよしもとで開かれた同窓会以来11年ぶりの復活。大歓声に迎えられ、12人は晴れやかな笑顔を見せた。

 久々の大集合で、出演後の会見でも思い出話に花を咲かせたメンバー。矢部浩之(40)から「天素の時は大嫌いでした」と言われたFUJIWARAの藤本敏史(41)は、「オレの嫁、元ヤンキーやぞ!」と妻・木下優樹菜(24)を盾に対抗。「おまえの彼女と(ケンカを)やらそか?」と、矢部と交際中のTBS・青木裕子アナ(29)まで攻撃し、「言わんでええねん、こんなとこで!」と矢部を慌てさせた。

 雨上がり決死隊・蛍原徹(44)が「100周年があったからこそ久々に集まれた」と全員での再会を喜ぶ横で、宮迫博之(42)は「もう二度と集まらないですけどね」とそっけない一言。「え~!?これを機に何かやっていきましょうよ」と、藤本からブーイングを浴びた。

 また岡村隆史(41)は、4回目公演の「さんまの駐在さん」にも出演。さんまから一昨年の体調不良での長期休養を散々いじられた上に、「プレッシャーでまた、病院に送ったろか」とブラックジョークを浴びせられてひるみながらも、久々の生の舞台でカラミを楽しんでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年4月9日のニュース