マツコ&夏目三久を口撃 有吉弘行「下品なキャバクラじゃないか」

[ 2011年10月4日 16:42 ]

テレビ朝日系バラエティ「マツコ&有吉 怒り新党」記者発表に登場し、「有吉弘行の毒舌まんじゅう」を手にする有吉弘行

 お笑いタレントの有吉弘行(37)が4日、東京・六本木のテレビ朝日で行われた同局のバラエティー番組「マツコ&有吉 怒り新党」記者発表に女装コラムニストのマツコ・デラックス(38)、タレントの夏目三久(27)とともに出席した。

 同番組は、幹事長のマツコ・デラックス、政調会長の有吉、総裁秘書の夏目の3人が“怒り新党”なる政党を立ち上げ、視聴者からの「これって怒っていいですか?」という投稿メールをもとに展開するトークバラエティー。これまでは関東ローカルで深夜の30分番組として放送されていたが、この10月から毎週水曜午後11・15からの1時間で放送されることになった。

 「番組が始まった当初は政党ということだったんですが、この2人の衣装を見ていたら、下品なキャバクラじゃないかと」と会見冒頭から同席した2人をいきなり口撃した有吉。かと思うと、「『内村プロデュース』と『アメトーク!』といった僕の命を作ってただいた番組あるこの時間帯は芸人にとってのゴールデン。特別な思いがありますので、頑張ってやっていきたい」と“まじめ”にあいさつした。

 毒舌キャラの2人が出演ということで毒舌トークの番組かと思いきや、「当初はマツコさんと僕の2人がバチバチけんかして全方位的に問題を起こしていくみたいに思われていたんですけど、番組が進んでいくうちに何となく癒し系の番組だなって。この番組ぐらいです、僕らが怒ってないのは」と意外な展開。とはいえ、時間帯も上がり、全国ネットにもなるため、「新しい視聴者の方もみんな見ますから、最初のうちは嘘でもいいから、けんかして、後々また癒し系の番組にしていきましょう」と笑った。

 政党にひっかけて、公約を聞かれた有吉は「この番組をステップにして、司会者を目指していきたい」とニヤケつつ、「こうなったら、やけくそで、この番組をゴールデンにもっていってやりますよ!」と大風呂敷を広げていた。

 また、この日は番組内で有吉が提案した?という「有吉弘行の毒舌まんじゅう」の発売も発表。政治家まんじゅうでおなじみのメーカーにより制作されている。衆院議員会館でも販売が決定したといい、「議員会館にタレントの商品が並ぶのが史上初めてです」とノリノリで紹介する広報担当者に「そんな努力がいりますかね?」とあきれ顔だった。

 初回放送は5日午後11時15分から。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年10月4日のニュース