会ったことないんです エース候補は高知出身“カツオ”と対決

[ 2011年9月20日 13:32 ]

AKB48 24thシングル選抜じゃんけん大会

(9月20日 日本武道館)
 「AKB48」の24枚目のシングルを歌う選抜メンバーを決める「じゃんけん大会」が20日、東京・日本武道館で開催される。

 Dブロックの注目対決は横山由依(18)VS桑原みずき(19)。

 活動拠点が東京と名古屋で離れているため、まだ面識はないという2人。SKE48から本戦に進めるのはわずか5名。激しい予備戦を勝ち上がった高知県出身の“カツオ”こと桑原はSKE48の元気印でバラエティー担当。劇場公演では自身のキャッチフレーズ「三・三・七拍子そーれ!みずき!みずき!くわばらみずき!」に合わせ、ファンが「カツオ!カツオ!くわばらカツオ!」というのがお約束だ。選抜入りのチャンスについて「SKE48の私はAKB48の選抜に入ることを目標にして活動しているわけじゃないけど、地元の高知県にSKE48をもっと広めたいんです。そのためにもセンターになれればいいですね」と、気合は十分。

 京都出身の横山は、人気ユニット「Not yet」としても活躍中。メンバー4人での選抜入りが目標だったが、抽選会で大島優子(22)、北原里英(20)、指原莉乃(18)がいずれも同じブロックに入ってしまい、落胆。第3回総選挙で圏外から19位に大躍進した将来のエース候補の一人だが、普段は温厚ではんなりとした雰囲気が魅力。闘志を全面に押し出す桑原との対戦について「桑原さんの勢いに乗っかって勝ち進みます!」と意気込んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年9月20日のニュース