具志堅用高氏 阿部寛をテキトーに絶賛「そうっすねえーが良かった」

[ 2011年9月20日 13:00 ]

映画「天国からのエール」公開直前特別試写会に登場した(左から)具志堅用高氏、ミムラ、阿部寛、桜庭ななみ

 映画「天国からのエール」公開直前特別試写会が20日、都内で行われ、阿部寛(47)、ミムラ(27)ら主要キャストに加え、サプライズゲストとして元プロボクサーの具志堅用高氏(56)が登場した。

 沖縄で弁当店を営みつつ、若者の音楽活動を支援した仲宗根陽さんと、若者たちの交流を描いた実話を映画化。イベントに沖縄ゆかりの人物として呼ばれた具志堅氏は「良かったですよ、最後は本当に泣きましたよ」と絶賛。阿部から「僕の沖縄弁はどうでしたか?」と問われると「良かったですよ、“そうっすねえー”とか」とこれもまた絶賛。ただ、阿部から「それ言っていないと思うんですけど」と突っ込まれて笑いを誘った。

 具志堅氏はMCから「阿部さんと似ていますね」とヨイショされると「いやあとんでもないですよ。いろんな俳優さんとお会いしましたけど、(阿部が)一番いい男ですね」とニンマリしていた。

 作品にちなみ沖縄風の弁当が用意されると、代表して具志堅氏が味見。「味が薄いな」とつぶやきスタッフから渡されたしょうゆを手にとると「これをちょっちゅかける」と決めゼリフを披露。ミムラらは「“ちょっちゅ”いただきました」と沸いていた。

 「天国からのエール」は10月1日から新宿バルト9ほか全国ロードショー。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年9月20日のニュース