24曲連続「選抜」へ!あっちゃん、こじはる譲らん!

[ 2011年9月20日 06:00 ]

24枚目のシングルを歌う選抜メンバーを決めるじゃんけん大会の組み合わせ抽選会で、初戦対戦する秋元才加(右端)を挑発する前田敦子(左端)

AKB48 じゃんけん大会

(9月20日 日本武道館)
 20日の「AKB48第2回じゃんけん大会」では、記録がかかる前田敦子(20)と小嶋陽菜(23)の行方も注目されている。メジャーデビュー作「会いたかった」から23作連続で「選抜」入りしているのは、この2人だけ。連続記録を更新するのか、途切れてしまうのか――。運命はじゃんけんで決まる。

 前田が、選抜入りの連続記録を更新するためには少なくとも2回勝つ必要がある。

 スポニチの「オリエント占星術」でおなじみの美鳳さんの占いでは、前田の入ったAブロックは勝負運の強いメンバーが集まる激戦区となっている。

 初戦の相手は「チームK」キャプテンの秋元才加(23)。20日の運勢を総合すると、美鳳さんは「2人の相性だと秋元さんの方が優位」。前田の勝機については「努力と根性で人生を切り開いていく人。貫禄勝ちに持って行けばいい」と、6月の「選抜総選挙」で前年2位から1位に返り咲いたオーラで相手を圧倒するようアドバイスを送っている。

 初戦を突破しても難敵が待ち受ける。次戦の相手は、鈴木紫帆里(17)と多田愛佳(16)の勝者。鈴木の運勢も抜群によく、前田にとっては厳しい戦いが続く。

 一方の小嶋は、相手に恵まれているようだ。初戦の相手は同じ派生ユニット「ノースリーブス」で活動する高橋みなみ(20)。美鳳さんは「(小嶋は)もともと思い込んだら命懸けなタイプなので、じゃんけんも迫力で勝負する人ですが、その必死さが思わぬハプニングを生んで、周囲の注目を集めた時に強運を発揮する。気迫のみで小嶋さんの勝ち」と占う。Eブロックで勝ち進めば、あと1勝で記録更新。次戦は高城亜樹(19)か仲俣汐里(19)との戦いとなるが、こちら2人の20日の勝負運は突出するほどではないという。

 インディーズ時代のCD2作を含めると、全25作に参加している前田と小嶋。結果次第では、デビュー6年目のAKB48史上初めて、この2人がレコーディングに加わらないシングルになる可能性もある。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年9月20日のニュース