明らかにミスキャスト 長澤まさみ「求められたのは無愛想」 

[ 2011年7月7日 15:47 ]

 長沢まさみと岡田准一が、スタジオジブリの新作映画「コクリコ坂から」(宮崎吾朗監督、7月16日全国公開)に声優として出演。長沢は「声優は(キャラクターに)息を吹き込むというけど、感動的というか、すてきなお仕事なんだなと体験させてもらいました」と収録を振り返った。

 東京五輪前年の横浜を舞台に、親子2代にわたる青春を描く。高校の小さな紛争をきっかけに知り合い、引かれ合う海(長沢)と俊(岡田)だったが、2人にはある秘密が…。

 鈴木敏夫プロデューサーが「明らかにミスキャストだと思った」と漏らすほど、長沢の収録は難航。無愛想な素の長沢の声が海のイメージにぴったりということになり、長沢は「(収録の)2日間ずっと求められることは、無愛想っていうものでした」と苦笑いした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年7月7日のニュース