“悪い警察官僚”高橋克典「どいつもこいつも怪しくて」

[ 2011年7月7日 08:41 ]

<フジテレビ系連続ドラマ「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」制作発表に登場した高橋克典

 俳優で歌手の高橋克典(46)が6日、都内のスタジオで行われた12日にスタートするフジテレビ系連続ドラマ「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」(毎週火曜後10・00)の制作発表に、主演の伊藤淳史(27)、仲村トオル(45)ら出演者が出席した。

 高橋は主人公の東城医大病院心療内科・特別愁訴外来の田口公平(伊藤)と厚生労働省大臣官房秘書課付技官の白鳥圭輔(仲村)と敵対する警察官僚・斑鳩芳正を演じる。「悪役なので毒っ気をまき散らしているんですけど、悪役は楽しいですね。元々悪役が好きで、清廉潔白な役が多くて意外だったんです。主役の時と違って、役自体に集中できますし、作品自体に責任ないですからね」と悪役を満喫しているようだ。

 シリーズ初参加となる作品については「展開がすごくて、ストーリーも面白い。どいつもこいつも怪しくて、先が見えないんです。刑事ものとか医療ものとか、最近はこういうドラマばっかり。これがダントツに面白いと思うので、これ1本見れば他のは見なくていい、すべて網羅しています」と自信満々にPRした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年7月7日のニュース