大胆果敢な江角マキコ スタートは13・9%

[ 2011年7月7日 10:46 ]

ドラマ「ブルドクター」制作発表に登場した江角マキコ

 6日にスタートした江角マキコ(44)主演の日本テレビ系連続ドラマ「ブルドクター」(毎週水曜後10・00)の初回平均視聴率が13・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが7日、分かった。初回は5分拡大で放送された。

 江角が4年ぶりの連続ドラマ主演に挑む本作は、江角演じるブルドーザーのような大胆で果敢に行動する法医学者・大津珠実が見過ごされてしまうような暴行死や子供の虐待死などの事件の真相を明かすために奔走する医療ヒューマンミステリー。脚本は昨年のヒットドラマ「フリーター、家を買う。」などの橋部敦子氏が担当。共演は石原さとみ(24)、稲垣吾郎(37)ら。

 前クール(4~6月期)の同枠ドラマ「リバウンド」(相武紗希主演)の初回14・3%、全話平均10・5%と比べるとまずまずの出だしと言ったところか。今クールでは、人気シリーズの続編であるフジテレビ系「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」でも同じ法医学と警察との対立などを描いており、両番組の視聴率争いも注目される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年7月7日のニュース