×

阪神・木浪 「奥川キラー」健在や!!今季初の猛打賞 3試合ぶり先発に「すごい気合が入っていた」

[ 2021年10月20日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神11ー0ヤクルト ( 2021年10月19日    甲子園 )

<神・ヤ>7回無死一塁、阪神・木浪は右翼線に適時二塁打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 「奥川キラー」は健在だった。3試合ぶりの先発に抜てきされた阪神・木浪が、期待通りに躍動。負けられない重圧をはねのけ、最高の結果を示した。

 「すごい気合が入っていた。負けられない試合で、プラス、スタメンだったので楽しもうと割り切った。思い切ってプレーできた」

 26分間の中断を経て再開された4回。1死から奥川の初球の速球を左中間二塁打。青柳が四球の後、島田の中前打で本塁にヘッドスライディングで生還。ヤクルト側のリクエストも判定は覆らず、貴重な4点目となった。

 奥川とはこの日を含め5打数3安打。2番手以降からも安打し7回には大下から今季初の3安打となる右翼線への適時二塁打で6月9日以来の2桁10点目を奪った。「最後は笑って終われるように準備をしたい」。奇跡を信じて与えられた仕事を全うする。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月20日のニュース