×

巨人、10連敗ストップなるか 丸が7回に勝ち越し21号ソロ 右翼ポール際、中段へ叩き込む

[ 2021年10月20日 20:26 ]

セ・リーグ   巨人―DeNA ( 2021年10月20日    横浜 )

<D・巨>7回1死、丸は右越えにソロを放つ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 巨人の丸佳浩外野手(32)が13戦勝ちなし10連敗で迎えたDeNA戦(横浜)で7回に勝ち越しの21号ソロを放った。

 「3番・中堅」で先発出場。2―2で迎えた7回、1死走者なしで入った第4打席で2イニング目に入った2番手右腕・大貫がカウント1―1から投げた3球目、内角高め144キロ直球を叩くと打球は右翼ポール際の中段に吸い込まれた。自身の前を打つ坂本が二塁への内野安打を放ったが、相手のリクエストによるリプレー検証の結果、判定が覆って二ゴロとなりアウトに。意気消沈しかけたベンチに希望をもたらした。

 丸の本塁打は10日の広島戦(マツダ)で6年連続となる20号を放って以来7試合ぶりとなる今季21号。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月20日のニュース