巨人・原監督「面白くなってきたじゃん」混戦残り32戦 中4日ローテも覚悟

[ 2021年9月14日 05:30 ]

広島空港を後にする原監督(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 巨人・原監督が残り32試合と最終盤にさしかかり、中5日を基本軸に先発陣を起用する方針を示した。「中5は当たり前ですよ。中5は(投手の)最低(条件)でしょう」。チームは先発陣の駒不足もあり、9月から菅野、山口、戸郷、高橋、メルセデスの5枚でローテーションを組んできた。

 今週は16日に試合がないため、14、15日のDeNA戦(東京ドーム)に先発する山口、戸郷の2人が中5日。6連戦の続く来週以降は、火曜日に先発した投手が日曜日に中4日で回ることも考えられる。菅野が12日の広島戦で4年ぶりに中4日で登板して連敗を6で止め、原監督は「打つことも大事だけど、やっぱり先発投手だな」と実感。阪神、ヤクルトとの混戦模様に「面白くなってきたじゃん」と語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月14日のニュース