西部ガス、“東の横綱”撃破で大会初勝利!春夏連覇の駒苫も率いた香田監督「むちゃくちゃうれしい」

[ 2021年7月4日 05:30 ]

第46回社会人野球日本選手権1回戦   西部ガス8ー1JFE東日本 ( 2021年7月3日    ほっと神戸 )

<JFE東日本・西部ガス>4回、先制の適時打を放ちガッツポーズする安永(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 西部ガスが3度目の出場でJFE東日本を破り、大会初勝利を飾った。

 駒大苫小牧を率いて04、05年夏の甲子園を連覇し、17年11月から指揮する香田誉士史監督は「むちゃくちゃうれしいです。東の横綱と言ってもいい相手に、こんな展開になるとは」と驚きの表情を浮かべた。

 主将の井手は4打数4安打2打点。「打線を“点”ではなく“線”にすることができた。懐かしい気持ちもあって楽しくできた」。同大時代にプレーした球場を笑顔で振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月4日のニュース