19年都市対抗王者・JFE東日本まさか初戦敗退…3打数無安打で代打送られた4番・平山「悔しいが当然」

[ 2021年7月4日 05:30 ]

第46回社会人野球日本選手権1回戦   JFE東日本1ー8西部ガス ( 2021年7月3日    ほっと神戸 )

JFE東日本・落合監督
Photo By スポニチ

 19年の都市対抗王者・JFE東日本は投打に精彩を欠き、初戦敗退となった。

 落合成紀監督は「今年のワーストゲーム」と肩を落とした。主将で4番の平山は3打数無安打で、9回に代打を送られ「悔しいが、チームとしては当然の判断」と唇をかんだ。

 初回に好機を広げる左中間二塁打を放ち、6回に左犠飛で唯一の得点を叩き出した3番・猪田は「悔しい。夏の練習を乗り越えて、もっとレベルアップしたい」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月4日のニュース