日本製鉄東海REX 4大会ぶり出場も05年以来の白星ならず 元日ハムの武田久コーチの指導で投手陣奮闘

[ 2021年7月4日 05:30 ]

第46回社会人野球日本選手権1回戦   日本製鉄東海REX0-4大阪ガス ( 2021年7月3日    ほっと神戸 )

<日本製鉄東海REX・大阪ガス>4回2死一塁、三井の先制打に湧く大阪ガスベンチ(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 日本製鉄東海REXは4大会ぶり出場も、05年以来の白星はならなかった。

 自身初の全国大会登板となった東海大海洋学部出身の新人・孕石(はらみいし)幸寛が5回1失点。「真っすぐでカウントを取れたのは良かった。チームが負けた状態で降りてしまいふがいない」。

 元日本ハムの武田久コーチからは、キャッチボールの時からライン(コース)を外すなと教わっているが「打たれた球はそれができなかった」と肩を落とした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月4日のニュース